アントワネットの見た景色、好んだ音楽、彼女の人間的魅力などがうかがえる頁です。王妃に関する事柄を様々な方面から多く取り上げました。ゆっくりお楽しみ下さい。

ENGLISH

「マリー・アントワネット」のホームページへようこそ

ジョーン・ハスリップ「マリー・アントワネット」(1999年)、デボラ・キャドベリー「ルイ17世の謎と母マリー・アントワネット」(2004年)、スーザン・ネーゲル「マリー・テレーズ」(2009年12月、すべて近代文藝社)の訳者こと櫻井 郁恵です。


2016/1/2
 
 東京の国立西洋美術館の「ボルドー展」(2015年9月23日まで)で、ブルボン家ゆかりの品が展示されていました。
 肖像画では、マリー・ジョゼフ・ド・サクス(ルイ16世、ルイ18世、シャルル10世の母)、アングレーム公(マリー・テレーズの夫)、ボルドー公アンリ(マリー・テレーズの甥)があり、アンリとその姉ルイーズの肖像が付いたポプリ壺も見ることができました。
 今回のコラムは【マリー・アントワネットの頭】です。


 

 

コラムへ  コラム【アントワネットの胸の内】、【王妃にちなむ音楽】など・・・  

マリー・テレーズ  スーザン・ネーゲル著「マリー・テレーズ」  

ルイ17世の謎と母マリー・アントワネット  デボラ・キャドベリー著「ルイ17世の謎と母マリー・アントワネット」  

フランス、オーストリアの風景へ  フランス、オーストリアの風景

過去のフロントページへ  過去のフロントページ

新着情報へ  新着情報

リンクのページへ  リンク 

マリー・アントワネット  ジョーン・ハスリップ著「マリー・アントワネット」

ぜひご意見・ご要望をお聞かせ下さい。  訳者へのお便り

更新日 2016/1/2

   


ネーゲル | キャドベリー | ハスリップ | コラム | 風景 | 過去フロント | 新着情報 | リンク

Copyright(c) 2001-2016 Fumie Sakurai All Rights Reserved.「マリー・アントワネット」のホームページENGLISH