多田武彦<公認サイト>


漁 夫 生 涯 此 一 竿





 この色紙は「ぎょふのしょうがい このいっかん」と読むのだと思います。
 多田武彦先生は、多くの男声合唱愛好家に「タダタケさん」と親しみを込めて呼ばれていました。この色紙を書いて頂いたのは、2005年、男声合唱プロジェクトYARO会が多田武彦先生をお招きして開いた「多田武彦合唱講習会」が終わったあとのことでした。その後、タダタケさんYARO会のお付き合いは一気に深まってまいりました。

 漁夫は生計を立てるのに釣り竿が一本だけあればよい。余分な収穫や蓄えを得ようとすれば、心が囚われ人生が不自由になる。肩書きとか華美な衣服や高価な道具などは、本来無用であるという意味の禅語です。タダタケさんは、これを座右の銘とされ、男声合唱という一本の竿を生涯大切にされてきました。この禅語には他に「竿一本」という場合もあるようですが、タダタケさんは「此一竿」ともじったのではないでしょうか。

 京都大学卒業後、銀行に就職、そのかたわら作曲活動をはじめ、いずれそれを本業として選ばれました。そして、合唱曲とりわけ男声合唱という一本の釣り竿に想いを託し、持てる才能を注ぎ込んだのです。このような創作活動を晩年まで続けられた人生に悔いることはなかったと拝察されます。

 タダタケさんは、20171212日に87年の生涯を閉じられました。その後、翌18日にご家族から公表された手紙には次のような故人の遺志が認められていました。

 「…故人からは、所属しておりました日本音楽著作権協会の会報により、訃報欄への記載を通じて行われると聞いておりました。会報が出るのは二月頃なので、暮れや新年をお騒がせする事なく、私達も心身の休養が出来ることをありがたく思っておりました。…」

 訃報を広く流すことなく、静かに去って行かれるおつもりだったのでしょうか。タダタケさんの想いが今さらのように伝わってまいります。まさに男声合唱組曲<雨>の終曲、八木重吉の詩による「雨」の一節を彷彿とさせます。



雨のおとが きこえる
雨がふっていたのだ。

あのおとのように そっと世のために
はたらいていよう。

雨があがるように しずかに死んでゆこう。




八木重吉作詩・多田武彦作曲/男声合唱組曲『雨』より  「
第1回男声合唱プロジェクトYARO会ジョイントコンサート(2005)より
ソロ:野口享治(男声合唱団コール・グランツ)

Youtube


女声合唱版 「
女声合唱団 Chor June Concert 2014 より
ソロ:弓田真理子
Youtube




 心よりご冥福をお祈り致します。

 

一  2018613




多 田 武 彦 氏 ご 逝 去


加  藤  良  一   2018年1月9日    

 201818日、多田武彦氏ご逝去のお知らせがあらためてご遺族より出されました。男声合唱界を代表する作曲家をまたお一人失いました。心よりご冥福をお祈り申し上げます。
 
20171212日ご逝去。享年87歳。
 故人の遺志により葬儀はご親族のみで行われました。
201818日熊本県立劇場にて行われた「なにわコラリアーズ」演奏会にてご遺族からの手紙が公表されました。以下に手紙の全文を紹介いたします。



 突然のご報告をお許しください。
 
多田武彦は、1212日永眠致しました。故人の遺志により葬儀は親族で済ませております。
 
生前 故人が賜りましたご厚誼に感謝申し上げます。長い間作曲家として活動することができましたのも多くの方々のご支援を賜りましたお蔭と思います。故人の生涯は本当に幸せでございました。旅立ちを静かに送って頂きますようお願い申し上げます。
 
皆様へのご報告が遅れましたことをお詫び申し上げます。故人からは、所属しておりました日本音楽著作権協会の会報により、訃報欄への記載を通じて行われると聞いておりました。
 
会報が出るのは二月頃なので、暮れや新年をお騒がせする事なく、私達も心身の休養が出来ることをありがたく思っておりました。
 
しかしながら、どこからか漏れた情報がネット上を騒がせ、皆様にご心配をおかけすることとなり、私共も心を痛めております。
 
特にこれから演奏会を予定されている方々にとって、このような状況でご迷惑をおかけすることは故人も望んでいなかったと思います。
 
つきましては、このお手紙を、これから演奏会を予定されている「なにわコラリアーズ」「タダタケを歌う会」「アルマ・マータ・クワイヤ」の三団体様を代表として、多田武彦が亡くなりましたことをご報告申し上げる次第です。
 
この情報は皆様方の演奏会、及びwebサイトを通じて、故人の作品を愛唱してくださる全ての方々と共有して頂いて構いません。
 
但し、年末年始に公開されることは忍びなく思います。公開は松の内を過ぎて、来年1814時以降とさせて頂きたくお願いします。
 
その際は情報伝達による誤解・誤報が無いように、この手紙の全文を紹介・掲載して頂けますよう、何卒お願い申し上げます。
                                               
2017.12.28  親族一同
追記
 親族にて葬儀を済ませ、お花・香典等も辞退して参りましたので、どうぞお汲み取りくださいますようお願い申し上げます。





click here⇓
山田耕筰先生からの薫陶

2014年2月1日
(印刷用PDF あり)



オルゴールによる多田武彦の名曲 『雨』
第21回演奏会JAMCA信州 記念オルゴール 2013.7.14

日本男声合唱協会(Japan Male Chorus AssociationJAMCA)主催の
21回演奏会を記念して会員向け限定オルゴールが作られました。
諏訪湖オルゴール博物館 奏鳴館製造です。

製作上の制限からネジ式ではなく手回しとなりました。



取っ手が小さいので均一に回転させるのがたいへん難しい。

ところどころテンポルバートや変拍子、
妙なアゴーギグが入るのはご愛敬というところです。

 





click here⇓
西洋音楽の指揮に関する提言
2013年5月21日 改訂
(印刷用PDFあり)



click here⇓
アンサンブル上達のための練習方法
(印刷用PDFあり)

2012年11月18日 発行
2012年12月 8日 改訂
2012年12月 9日 改訂
(12月8日付に一部手直しが入りました)


 アンサンブルensemble)とは、フランス語で、「一緒に」とか「一揃い、全体」などを意味します。音楽の世界では、2人以上が同時に演奏する合奏、重奏、合唱、重唱などを指します。あるいはそれらの団体の意味にも使われます。なんだ、当たり前のことではないかと思われたかもしれません。合唱が単に独唱の集まりでないことはよくご存じのことでしょうが、ではどうやったら合唱アンサンブルは良くなるのか、まして声楽の専門家でもない一般の合唱愛好者は何をどうすれば良いのか。このテキストは、そのようなお悩みにすこしでもお応えするためのヒントを盛り込んだ参考書とでもいうべきものです。もちろん学術的なことを体系的に書いたものではありません。

 また、この話は本来なら講習会のような形で、音源などを挟みながら解説するのが最上なのですが、次善の策として皆様の前に公表させていただくものですので、言葉が足りないと思われる箇所があるかもしれません。そのような場合は、ご遠慮なくご質問をお送りください。

 多田先生はまだまだお元気です。しかし、どこへでも自由に出掛けて行くにはやや体調が追い付かない状態です。東京を中心に神奈川、埼玉、千葉など近い所であれば出向くこともできますので、講習会などのご希望があればお申し出ください。


管理者より)このテキストが書かれた経緯についてひと言書きました。
     
     【発行人より差し替えのお願い  2012年12月11日】

 『アンサンブル上達のための練習方法』を20121118日に公表して以来、多くの方から分かりやすいとの感想を頂いております。とりも直さず、一般の合唱団では如何にしてレベルを上げ、団員も聴衆も楽しめる音楽創りをするか、指導者はいつも悩んでいることの表れではないでしょうか。
 多田先生は、ご自身の作品がどう具現化されるか、紙に書いた音楽の素(楽譜)が実際に楽音として演奏され、目指したものがどれだけ実現されるか、つねに厳しい眼差しで見つめています。片や楽譜という限定された記録媒体に盛り込める情報量の少なさや限界も承知のうえで、では現実に行われている合唱活動の中で、楽譜を効果的に利用するためにはどうすればよいか、いろいろ工夫考案されています。
 本テキスト公表直後、その主旨を具体的に活用するにはどうしたものだろうかという質問が多田先生に寄せられたことから、急きょ手を加えることになり、フレージングの三つの態様
フレーズの開始部での硬軟(ハードか、ソフトか、中間型か)、フレーズの終わりの音の消し方(持続型か、残響型かなど)の各符号の付け方に関するメモを頂きました。そして、挿入場所などの詳細は一任されました。
 そこで、すこしでも分かりやすくしようと具体化することを考え、実際の「故郷」の楽譜に符号を書き込む形で作成公表したところ、多田先生から待ったが掛かりました。その楽譜にはもともとクレッシェンドなどの記号も書かれていて、必ずしも書き込んだ符号と一致しない部分があったからです。楽譜は厳密なものであって、単なるイメージの一例として掲載するにしても、不適切なことは許されないとの主旨でした。これは当然といえばあまりに当然のことでしたので、拙速と不明をお詫びし即座に修正削除致しました。

 このような事情ですので、2012128日付のテキストをプリントアウトされた方には大変申し訳ございませんが、129日付と差替えをお願い致します。




<改訂第三版>


2011年3月

このテキストは、2004年、男声合唱プロジェクトYARO会主催の多田武彦合唱講習会(↓)で用いるために
多田先生が長い間のご経験から
整理された「
合唱練習の際の留意事項」が元になっています。
その後、多くの方からのご質問に答える形で2009年12月合唱音楽に関する効率的練習方法」として
バージョンアップし、更に2010年8月に追補版
も書かれました。
今回、あらためて、動態芸術の観点から畑中良輔先生のご教導による内容を追加し、
合唱音楽関係者の参考とするものです。




 多田武彦 略歴 



当節男声合唱事情 タダタケ復活?!
2010年2月6日



多田武彦合唱講習会2005



メッセージと多田メソッド
「男声合唱プロジェクトYARO会 第1回ジョイントコンサート プログラム」へメッセージを掲載
2003年9月21日
(2009年12月11日再編集=この多田武彦〈公認サイト〉へ再掲載)




ホームページTOPへ戻る