ボタン 写真集
映鑑の活動紹介 リンク集 映画感想
岡山映画鑑賞会
(2019.11. 2 更新)
(2000.10.10 お披露目)

タイトル



上映会の案内
(この下)
上映会等の
写真集

岡山映画鑑賞会
の活動紹介
リンク集 映画感想

ようこそ!あなたは   人目の観客です。

ライン

 10月13日(日)の「キューポラのある街」へのご参加、ありがとうございました。次回は、11月10日(日)に「太平洋ひとりぼっち」を上映します。日本映画の名作をお楽しみください。
 岡山市芸術祭の企画として、12月7日(土)に「地蔵とリビドー」を上映します。最前衛のアーティストの障害者達を撮ったドキュメンタリー映画です。上映終了後には、笠谷圭見監督と映画の舞台である「やまなみ工房」の山下完和施設長、服部正甲南大学文学部教授による講演会があります。こちらもぜひ参加ください。
 三人の監督による結婚式場を舞台にしたオムニバス映画「かぞくあわせ」が11月8日(金)から岡山メルパで上映されます。三人の監督の内二人は岡山の高校−芳泉高校と津山高校−出身です。11月10日(日)には舞台挨拶があります。詳しくは、その他の上映会等の案内をご覧ください。
 また、平松恵美子監督の「あの日のオルガン」の上映についてはシネマ四国(088-855-9481)までお問合せください。これからも県内各地で上映される予定です。
 1944年の戦争末期に東京の保育園から埼玉に疎開した保母と園児の実話に基づく映画で、感動あり、笑いありです。

更新内容

 ・その他の上映会等の案内を追加しました
 ・次回の上映会の情報を更新しました
 ・「映鑑の活動紹介」と「リンク集」を更新しました
 ・「第36回平和のつどい」での平松恵美子監督のトークショーの写真を載せました  →こちら
 ・真備町薗小学校での「あの日のオルガン」上映会と平松恵美子監督等のトークショーの写真を載せました  →こちら
 ・浜野佐知監督の新作「雪子さんの足音」に関するメッセージを載せました 
  2019年2月24日(日)の「柳川堀割物語」上映会で展示した高畑勲監督ゆかりの品等:新聞記事とパンフレット等あの日のオルガンのポスター
 ・「岡本健一郎さんお別れの会」の様子を載せました−9/30で一周忌です
 ・岡本健一郎氏に関する神戸新聞NEXTの記事を紹介しています
 10/3(1)10/4(2)10/5(3)10/6(4)

ライン

上映会スケジュール

 <第275回例会>
  日本映画史上に残る名作と黄金期を支えたスターを感じる上映会
   2019年10月13日(日) 11:00〜(開場:10:30) →終了しました
     キューポラのある街(上映時間:1時間39分) 浦山桐郎監督、吉永小百合主演
   2019年11月10日(日) 11:00〜(開場:10:30)
     太平洋ひとりぼっち(上映時間:1時間36分) 市川崑監督、石原裕次郎主演 
    会  場:岡山シティミュージアム 4階(岡山駅西口)
    参加費:1,000円 
    主催・問合せ:岡山映画鑑賞会
             E-mail:okayamaeikan@max.hi-ho.ne.jp
             TEL  :(090)9732-3330(出られない場合はかけ直します)
 

ライン

その他の上映会等の案内

 かぞくあわせ
   2019年11月8日(金)、9日(土) 15:30〜、21:05〜 
   2019年11月10日(日) 13:45〜15:23、上映終了後舞台挨拶あり
     上記以外の上映時間と料金は、岡山メルパのHPか劇場にご確認ください
    会場&問合せ:岡山メルパ (086)221-0122(9:00〜21:00)


 「地蔵とリビドー」上映と講演会
   2019年12月7日(土) @10:30〜(開場:10:00)、A14:00〜(開場:13:30)
     地蔵とリビドー(上映時間:1時間2分) 笠谷圭見監督
     上映終了後、笠谷圭見監督、山下完和やまなみ工房施設長、
     服部正甲南大学文学部教授による講演会(約1時間)
    会  場:岡山シティミュージアム 4階(岡山駅西口)
    参加費:1,000円 
    問合せ:岡山映画鑑賞会
           E-mail:okayamaeikan@max.hi-ho.ne.jp
           TEL  :(090)9732-3330(出られない場合はかけ直します)
 
    主催:岡山市、岡山市芸術祭実行委員会、(公財)岡山市スポーツ・文化振興財団、
        岡山映画鑑賞会


             <浜野佐知監督からの「雪子さんの足音」に関するメッセージ>

 昨年の今頃、吉行和子さんから「とんでもない婆さんの役をやりたいわね」というメールをいただきました。ちょうど同じ時期に≪群像≫という文芸誌に木村紅美さんが「雪子さんの足音」を発表され、一挙に企画が動き出しました。
 「百合祭」で高齢女性の性愛を瑞々しく演じてくださった吉行和子さんを主人公にこの「雪子さんの足音」では、死を直前にした高齢女性の決して消えることのない心のエロスを描きます。
 私がリスペクトしてやまない女優・吉行和子さんに捧げる作品でもあり、また、すべての女性たちに捧げる作品でもあります。
 完成いたしましたら全国での公開を目指しますので、ぜひご覧いただけましたら幸甚です。皆様にお目にかかれますことを心から楽しみにしています。
  →映画のHP https://yukikosan-movie.com/

 ご覧ください→  チラシ表  
チラシ裏  出演者紹介



ライン

  気になる情報

あの日のオルガン−倉敷市出身で岡山映画鑑賞会のスタッフだった平松恵美子監督の最新作
NPO法人永瀬清子生家保存会
・高畑勲監督著書 「君が戦争を欲しないならば」(岩波書店) 520円
  −監督の実体験に基づく岡山空襲の様子が具体的に綴られています
・海南友子監督ブログ:http://kanatomoko.blogspot.jp/
鎌仲監督Twitter
浜野佐知監督(旦々舎)HP
森達也監督HP 

ライン

岡山映画鑑賞会とは...

  

 1978年に、「岡山でも優れた映画を見たい!」と熱望する映画ファンが集まって自主上映会を開催。以来40年以上にわたって、世界各国の映画や日本映画の名作を紹介してきました。
 現在は、年数回の主催例会の他、フィルムの配給、出張映写や岡山県下各地のグループ・団体による上映会への協力をしています。
 上映会や出張映写に関するお問合せは、メールでお願いします。

いろいろな映画を出張上映します。
映画の素材がフィルムからDVDやブルーレイディスクに代わり、パソコンや家庭用のプレーヤーとプロジェクターがあれば上映ができるようになりましたが、監督が映画に込めた思いを受け取るためには、明るさの調整やスクリーンの枠に合わせるなどの環境を整えることが必要です。
 こだわった映写をお手伝いしますので、ご要望の際は下記までメールでご連絡ください。(携帯電話は折り返しのご連絡になります。)

ライン

リストマーク  所 有 機 材

液晶ビデオプロジェクター 2台(7000、5200アンシルーメン)、
ビデオプレーヤー 3台(ブルーレイ、DVD、VHS)、
16ミリ映写機 2台(1.6KW、550W)、
音響機器(アンプ・ミキサー各1台、スピーカー4台)、
スクリーン(大・中・小)、 よく働くスタッフ  他

ライン

岡山映画鑑賞会
 住 所 : 〒700-0822 岡山市北区表町1−4−64 上之町ビル4F
 電 話 : (090)9732−3330
 E-mail : okayamaeikan@max.hi-ho.ne.jp

ライン