ボタン 写真集
映鑑の活動紹介 リンク集 映画感想
岡山映画鑑賞会
(2020.10.18 更新)
(2000.10.10 お披露目)

タイトル



上映会の案内
(この下)
上映会等の
写真集

岡山映画鑑賞会
の活動紹介
リンク集 映画感想

ようこそ!あなたは   人目の観客です。

ライン

 岡山映画鑑賞会のHPを立ち上げてから20年になりました。いつも見ていただきありがとうございます。
 さて、「その他の上映会等の案内」に2020年11月20日(金)~12月6日(日)に開催される「岡山映画祭」の案内を載せました。詳しくはチラシをご覧ください。
 また、「浜野佐知映画祭2020」が2020年10月21日(水)~23日(金)に日本シネアーツ社・試写室で開催されます。残念ながら開催延期になった全国映連の第49回映画大学で上映を予定していた「雪子さんの足音」も上映されます。詳しくは下記の「その他の上映会等の案内」をご覧ください。浜野佐知監督のメッセージも載せています。
 岡山映画鑑賞会の例会は8月30日に上映した
「セロ弾きのゴーシュ」以降、当面予定はありません。
 来年2021年9月18日(土)~20日(月・祝)に延期になった全国映連の第49回映画大学が、新型コロナウィルスに対して今ほど敏感にならずに岡山市内で開催できることを祈ります。

更新内容

 ・「岡山映画祭」の予定を載せました →こちら  
 ・「浜野佐知映画祭2020」予定を載せました →こちら 
 ・「セロ弾きのゴーシュ」上映会の写真を載せました →こちら
 ・「地蔵とリビドー」上映会&トークショーの写真を載せました →こちら
 ・「かぞくあわせ」上映会&舞台挨拶の写真を載せました →こちら

ライン

上映会スケジュール

 第278回例会>
    未定

ライン

その他の上映会等の案内

 岡山映画祭2020 広くつながる!
  2020年11月20日(金)~12月6日(日)
   作品名と上映時間等はチラシをご覧ください
    料 金:一般 1,000円、学生 500円
    会 場:岡山県天神山文化プラザ、岡山県立図書館
     問合せ:岡山映画祭事務局(吉富/映画の冒険)
           (086)252-7606
           yoshitomi@mx3.tiki.ne.jp
    チラシ 1ページ    チラシ 2ページ
    チラシ 3ページ    チラシ 4ページ


 浜野佐知映画祭2020
  2020年10月21日(水)  「菜葉菜」特集
   13:00~(12:50開場) 「雪子さんの足音」(音声ガイド、日本語字幕付き)
   15:30~(15:20開場) 「百合子、ダスヴィダーニヤ」(英語字幕付き)
  2020年10月22日(木)  「尾崎翠」特集
   13:00~(12:50開場) 「第七官界彷徨-尾崎翠を探して」
                    (オリジナルバージョン英語字幕付き)
   15:30~(15:20開場) 「こほろぎ嬢」(英語字幕付き)
  2020年10月23日(金)  「吉行和子」特集
   13:00~(12:50開場) 「百合祭」(英語字幕付き)
   15:30~(15:20開場) 「雪子さんの足音」(英語字幕付き)
     料 金:1作品 1,000円
     会 場:日本シネアーツ社・試写室
           (東京都新宿区市谷本村町2-5 AD市ヶ谷ビルB1)
           (http://www.cinearts.co.jp/access.html
     問合せ:tantan-s@f4.dion.ne.jp
     *新型コロナウィルス感染予防対策へのご協力をお願いします

       <「浜野佐知映画祭2020」の開催への浜野監督からのメッセージ>

 2019年、新作の『雪子さんの足音』が完成し、今春から国内外映画祭などへの参加を展開する予定でしたが、コロナ禍により、中止、延期、オンライン開催を余儀なくされてきました。
 9月以降もソウル国際女性映画祭、北京国際女性映画祭、アルメニア・エレバンのKIN国際女性映画祭、ベルギー・ゲントのジャパン・スクエア映画祭、等々からご招待をいただきましたが、本当に残念なことに参加することが出来ません。
 このままでは、『雪子さんの足音』の上映がストップしてしまう、そんな危機感から「浜野佐知映画祭2020」の開催を決断いたしました。
 『雪子さんの足音』をメインに、これまでの浜野作品『第七官界彷徨-尾崎翠を探して』(1998年)、『百合祭』(2001年)、『こほろぎ嬢』(2006年)、『百合子、ダスヴィダーニヤ』(2011年)を、今まで上映機会のなかった英語字幕付きで上映いたします。
 また『雪子さんの足音』の初回上映は、音声ガイド付き(視覚障害)、日本語字幕付き(聴覚障害)で上映いたします。
 この機会に、一人でも多くの方に観ていただけますよう、ご案内させていただきます。


             <浜野佐知監督からの「雪子さんの足音」に関するメッセージ>

 昨年の今頃、吉行和子さんから「とんでもない婆さんの役をやりたいわね」というメールをいただきました。ちょうど同じ時期に≪群像≫という文芸誌に木村紅美さんが「雪子さんの足音」を発表され、一挙に企画が動き出しました。
 「百合祭」で高齢女性の性愛を瑞々しく演じてくださった吉行和子さんを主人公にこの「雪子さんの足音」では、死を直前にした高齢女性の決して消えることのない心のエロスを描きます。
 私がリスペクトしてやまない女優・吉行和子さんに捧げる作品でもあり、また、すべての女性たちに捧げる作品でもあります。
 完成いたしましたら全国での公開を目指しますので、ぜひご覧いただけましたら幸甚です。皆様にお目にかかれますことを心から楽しみにしています。
  →映画のHP https://yukikosan-movie.com/

 ご覧ください→  チラシ表  
チラシ裏  出演者紹介



ライン

  気になる情報

平松恵美子監督の「あの日のオルガン」の上映はシネマ四国(088-855-9481)までお問合せください。
2019年2月24日(日)の「柳川堀割物語」上映会で展示した高畑勲監督ゆかりの品等:新聞記事とパンフレット等あの日のオルガンのポスター
・「岡本健一郎さんお別れの会」の様子(2018年10月21日)
・海南友子監督ブログ:http://kanatomoko.blogspot.jp/
鎌仲監督Twitter
浜野佐知監督(旦々舎)HP
森達也監督HP 

ライン

岡山映画鑑賞会とは...

  

 1978年に、「岡山でも優れた映画を見たい!」と熱望する映画ファンが集まって自主上映会を開催。以来40年以上にわたって、世界各国の映画や日本映画の名作を紹介してきました。
 現在は、年数回の主催例会の他、フィルムの配給、出張映写や岡山県下各地のグループ・団体による上映会への協力をしています。
 上映会や出張映写に関するお問合せは、メールでお願いします。

いろいろな映画を出張上映します。
映画の素材がフィルムからDVDやブルーレイディスクに代わり、パソコンや家庭用のプレーヤーとプロジェクターがあれば上映ができるようになりましたが、監督が映画に込めた思いを受け取るためには、明るさの調整やスクリーンの枠に合わせるなどの環境を整えることが必要です。
 こだわった映写をお手伝いしますので、ご要望の際は下記までメールでご連絡ください。(携帯電話は折り返しのご連絡になります。)

ライン

リストマーク  所 有 機 材

液晶ビデオプロジェクター 2台(7000、5200アンシルーメン)、
ビデオプレーヤー 3台(ブルーレイ、DVD、VHS)、
16ミリ映写機 2台(1.6KW、550W)、
音響機器(アンプ・ミキサー各1台、スピーカー4台)、
スクリーン(大・中・小)、 よく働くスタッフ  他

ライン

岡山映画鑑賞会
 住 所 : 〒700-0822 岡山市北区表町1-4-64 上之町ビル4F
 電 話 : (090)9732-3330
 E-mail : okayamaeikan@max.hi-ho.ne.jp

ライン