問題文を印刷する場合はこちら

1.A〜Fの6班でそれぞれ質量の違う同種類の金属をじゅうぶん加熱し、できた酸化物の質量を
 測った。下表はそれぞれの班の結果である。次の問いに答えなさい。

   

(1)各班の結果をもとに、金属の質量と酸化
  物の質量の関係をグラフに表しなさい。
  ただし、1つの班は実験に失敗しているの
  で、その班の結果は使わないこと。
(2)金属と、金属と化合する酸素の質量比は
  何対何か。簡単な整数比で答えなさい。
(3)この金属3.6gをじゅうぶん加熱すると、何g
  の酸化物が得られるか。
(4)失敗した班では、何gの金属が反応せずに
  残っているか。
(5)この金属の酸化物5.5gは、何gの金属と
  何gの酸素が化合してできたか。

解答と解説はこちら  ↓下のフレーム枠を引き上げてください

   

2.銅とマグネシウムの2種類の金属粉をそれ
 ぞれ別々にステンレス皿に広げ、空気中で
 じゅうぶん加熱する実験を行った。加熱前の
 金属の質量と加熱後の物質の質量の関係
 を表したのが右のグラフである。なお加熱
 後、Aの金属は白い粉末となり、Bの金属は
 黒い粉末となった。次の問いに答えなさい。

(1)金属Aは銅・マグネシウムのどちらか。
(2)金属Bは加熱後、何という物質に変化した
  か。物質名で答えなさい。
(3)金属A・Bを空気中でじゅうぶん加熱したと
  きの変化を、それぞれ化学反応式で表しな
  さい。
(4)金属A7.2gを空気中でじゅうぶん加熱する
  と、加熱後の物質の質量は何gになるか。
(5)金属B4.6gを空気中で軽く加熱し、加熱後
  のステンレス皿の上の物質をすべてうすい
  塩酸に入れてよくかき混ぜた。水溶液内に

  残った沈殿の質量は1.0gだった。加熱後のステンレス皿の上の物質は何gであったか。
(6)銅原子とマグネシウム原子の質量の比は何対何か。もっとも簡単な整数比で表しなさい。

※(5)は私立向け

解答と解説はこちら  ↓下のフレーム枠を引き上げてください

top  > 実戦問題 > 2年 > 金属の酸化