LOVELESS
(2000/01/12 UP)
サークル「ポジティブ・パンダ」から発行された、「A TOUCH OF DESTINY」というFF7本に触発されて書いた短編小説です。
今はなき月光庭園というサイトのの「駄文の部屋」にて公開されていました。発表の場を快く与えてくださったポジティブ・パンダの長都さんに、心からお礼を申し上げます。それにしても出来が……(泣)

サイトが閉鎖されてしまったので、うちにもUPしておきます。
同人誌「NOT LOVELESS」版は、若干の修正と加筆がしてあるのですが、あえて誤字とか残ってる未完全版をUPします。

あとがきは、Essay?内のゲームの話→FF7にて公開中。
同人誌に関してはメールで問い合わせください。

Mail :
Name :
内容を一言で言えば…
悪い やや悪い やや良い 良い

読んでくださっている方で、感想を書くのが苦手な方は、メールアドレスと名前を入力し(恥ずかしい方は片方だけ、もしくは両方とも省略しても可)、項目のいずれかを選択した上で、このボタンを押してください。
読まれているということが判るだけでも、とても励みになりますので。
もちろん、ちゃんと感想を頂けるのが一番嬉しいんですが(汗)
LOVE MAKING
1998年冬コミで発行された「NOT LOVELESS」からの再録です。
「LOVELESS」の続編として書かれた小説であり、完結編的な位置づけです。FF7を題材にした小説はこれで最後かと。
書き上がって思ったんですが、本来の意味でやおい小説ですねぇ(汗)(やまなし、おちなし、いみなしの意。男同士の恋愛って意味じゃ無いんですよー!)

もどる 掲示板 てがみ感想はこちらまで