自己紹介






内田麟太郎


1941年 福岡県大牟田市に生まれる。

父は桃太郎。母はかぐや姫。妹は性別不詳。おじさんは鞍馬天狗。おばさんは・・・しらん。

中友小学校、松原中学校、大牟田北高校を、算数と英語を修得しないまま卒業。

看板職人を経て童話作家を目指すが・・・すってんころりん。

現在は絵詞作家(えことばさっか)を自称し、世間をアザムイテイル。

容姿は小柄なおじさん。

友だちには、長野ヒデ子、伊藤秀男、西村繁男、最上一平、ワニ坊、トンボなどがいる。

代表作は詩集「しっぽとおっぽ」岩崎書店

お隣の鈴木さんが会うごとに「いい詩集ですね」とかならずほめてくれる。抱かれている猫も

「そうだね」という顔をするから、「いつでも恋をしていた」(妄想社)より傑作なのだろう。

趣味は釣り人をぼんやり眺めてくることと、山くだり。

奥多摩の御岳山(みたけさん)をケーブルで登って下りてくるのが自慢。徒歩3時間ほど。

好きな言葉は「昼寝。ごろ寝。またね」。

尊敬する人は祖父の岩見重太郎(ヒヒから美女を守った)。

記録/大牟田市でアメリカザリガニを初めて見つけた少年(小学一年生)。

くじ引きを科学的に推理し、駄菓子屋でガムを連続して当てる(小学四年生)。

現在の心境/田島敬之さんの多字漫画「下町冗話」は哀しくていい本だ。

田中小実昌さん、深沢七郎さん、木山捷平さん。情けないひとはいいなぁ。


実父らしい詩人内田博の詩碑「悲しき幻覚」は大牟田市岬町・諏訪公園(郷土の丘)にあります。


性格が真面目な方は、こちらをご参照ください。