本文へジャンプ

キュリー夫人ってどんな人?


かわさき市民アカデミー
 主催科学WS

フェスタ‘14 ご案内

講師 吉祥瑞枝 キュリー夫人研究家 /
 
サイエンススタジオマリー主宰

Mizue Y KISSHO, PH.D.
11月15日土3時半~5時

川崎市中原区今井南町514-1

川崎市生涯学習プラザ3F  401大会議室
TEL 044-733-5590

 

                           資料代 100円   

1911ssm@gmail.com 

キュリー夫人ってどんな人?


放射線とひかり

キュリー家の人々と日本 パリの散策 世界の旅








2014年6月10日駐日ポーランド共和国大使館ホールで、梅雨のあいま
幸いにも曇り空に恵まれ『キュリー夫人の科学技術への偉大な貢献・キュリー夫人没80周年記念講演会』が好評に開催できました。

駐日
ポーランド共和国大使館、駐日欧州連合(EU)代表部関係の皆様他、ご参加の皆々様に
お礼申しあげます。
        サイエンススタジオ・マリー一同
    


l キュリー夫人はこういいました。『科学には大いに美がある。まるで、おとぎ話を聞いて、目を輝かせている子どものようだ。』と。

ご参加をお待ち申しあげます。
























  

To stimulate young girls and boys for science, “Science Studio Marie” launched a science show program consisting of KAMISHIBAI (the Japanese story telling with a series of pictures) performance and experiment shows for young children and mothers.
Total of 84 events of KAMISHIBAI and Science Show were held by Science Studio Marie (SSM) from 2003 to 2013. They were to review Marie Curie’s experiment for Japanese children. Madame Curie taught the passion of science as well as the importance of the effort. “Scientific attitude” is the significant Madame Curie’s message which she would like to convey to children living in 21st century. The SSM would like to devote its activities by developing the scenario, experimental educational tools for promoting understanding science and technology in the future.