Macro 範囲選択.クリア ・ 基本型 Contents
  1. 指定セル選択(空白、可視、最後、数式、他)
  2. 範囲を検出して選択(上・下・左・右端、他)
  3. アクティブセル(アドレス、値、フォント、他)
  4. 変数名で範囲指定して選択(A1、R1C1方式)
  5. [名前付きセル範囲] 追加・削除
  6. [    〃   ] 選択
  7. [    〃   ] アドレスを取得
  8. [複数セル] 複数のセルとセル範囲を一度に選択
  9. [  〃  ] 同時選択を不可にする
  10. [選択範囲] 選択範囲内の領域数取得・クリア
  11. [  〃  ] オフセットする(ずらす)
  12. [  〃  ] リサイズする (狭める)
  13. アクティブウィンドウのセル範囲等
  14. Gotoメソッド実行直前のセルアドレス
  15. 選択されているオブジェクトの種類を取得する
  16. [クリア] すべてのセル
  17. [ 〃 ] 選択されたセル範囲
  18. [ 〃 ] 指定のセル範囲
  19. [ 〃 ] 複数のセル範囲
  20. [ 〃 ] セルを削除して消す

Macro 範囲選択.クリア ・ 応用型 Contents
  1. 範囲選択してソート
  2. セル範囲のアドレスを取得
  3. セル範囲のセル数を取得
  4. 最後のセルのアドレスを取得する
  5. オートフィルターしたデータの最上行と値を取得
  6. オートフィルターしたデータの最下行を取得
  7. 選択済セル範囲にシート名と同じ名前を付ける
  8. 指定ワークシートのセル選択を禁止する
  9. 指定した範囲を指定した方法でクリア
≪マクロ中にあるコード≫
 * ソートキーを変数で指定する
FAQ 範囲選択.クリア Contents  (寄せられたご質問をほとんど原文のまま掲載しています。)
  1. [末尾セル] 範囲を選択してからソートするには
  2. [  〃  ] どこまでデーターが入っているか捜すには
  3. [  〃  ] 各データの末尾セルの値を所定のセルに移動するには
  4. [  〃  ] データベースシートの最下端行を取得するには
  5. [  〃  ] 帳票の一番最後の空白セルに値を貼り付けるには
  6. [変数で指定] 変数名で範囲指定して選択するには
  7. [  〃  ] 自動記録した範囲指定のコードを変数指定に修正するには
  8. [  〃  ] 他のシートのセル範囲を変数で指定して罫線を引くには
  9. [  〃  ] ピボットテーブルのソースデータの範囲を変数名で指定するには
  10. [他シートのセル] CommandButton1_Clickイベントプロシージャで他シートのセルを選択
  11. [   〃   ] 索引で指定されたシートのセル範囲を選択するには
  12. [図形が被されているセル] オートシェイプが被されているセル範囲をうまく選択できないが
  13. [オフセット] アクティブセルが変わったら相対的に選択範囲を変えるには
  14. [   〃  ] A列に入力した数式の演算結果をB列にも表示するには
  15. [   〃  ] サンプルマクロ「見出し行以外のアクティブセル領域を選択」でエラーが出る
  16. [リセット] オートフィルタで抽出したデータの特定の列のセルを空白にするには
  17. [名前] 不規則なセル範囲に名前を付けるには
  18. [ 〃 ] クリックされたボタンに対応するセル範囲の名前を取得するには
  19. [ 〃 ] 選択済セル範囲にシート名と同じ名前を付けるには
  20. [移動] 選択したセルを左または右に数セル動かすには
  21. [ 〃 ] アクティブセルへ入力後に次のセルに移動(下方向)させるには
  22. [クリア] ClearメソッドとClearContentsメソッドの相違は? (VBAヘルプの使い方)
  23. [ 〃 ] 見出し行を除いたセル範囲の値だけクリアするには

Excel VBA Macro