がらくた昆虫採集



お父さんに手伝ってもらって、家にあったガラクタで虫やザリガニを作りました。

細かいところや力のいるところでは焦れたりもしましたが
出来栄えには大満足のかずくんです。




単三電池2個を使って作った、その名も『デンチカブト』です。

目は仮釘で角はストローです。結構強そうでしょ?

こちらは『ボルトゼミ』体の部分がボルトになっていて、羽はジュースのプルタブです。

最初、羽の部分がダラリとなってしまってうまくいかなかったのですが、セロテープで補強したら
ピンっとなってイイ感じになりました。

これも胴体をボルトで作った『ボルトンボ』そのまんまでしょ?(笑)

一見簡単そうに見えるんですが、ボルトに羽となる針金を巻きつけるのが難しかったです。
きっちり巻いていかないと、羽がくるくる回っちゃうんですよー。

左はジュースのプルタブで作った『プルタブムカデ』です。
この場合はプルタブをつないだユルユル感がちょうどいいですね。

右はフィルムケースのふたで作った『フィルムテントウ』。ホントそのまんま。(笑)
模様をどうしようか、結構悩みました。
でも、やっぱり針金の扱いが難しかったです。

これは自信作『ガラクタザリガニ』洗濯ばさみのはさみと、コルクボード用のピンの目がイイカンジでしょ?
脚はお菓子なんかについてくるビニールで挟んである針金です。

色々作った虫たちをそうめんの木箱に並べて名前をつけ、アクリル板でふたをして完成です。

学校に提出して戻ってきたので、壁に飾ってあります。世界に2つと無いインテリア?ですよね。