-大阪人の気質-


 

 大阪人の気質がもっとも良くあらわれているのは、通勤・通学風景ではないでしょうか。

 大阪人は他府県の人に比べ、とにかく歩くスピードが速いです。島村ジョーなみです。また、エスカレーターであろうとも、動く歩道であろうとも歩いて(早歩きの場合もある)しまいます。 これは、大阪人の ″もったいない″ という気持ちに基づく行動原理であります。

 同様に、車の運転に際しても、大阪人には独特な気質があります。 他府県の人が大阪に来ると、混んでいる中を更につめて来る運転をする人が多いのに、驚くのではないでしょうか。

大阪人はとにかく空間を開けているのが気に入らないようです。無駄なところはびしっと詰めないと気が済まないみたいです。

 一説によると、テトリスの売り上げの5割は大阪人が貢献したそうです:-P。



こういった行動もやはり、″もったいない″ に基づくものです。 「時間がもったいない」「場所がもったいない」「時間がもったいない」などなど……。

こういった考えを聞いて、

「大阪人はあさましいなあ、セコイなあ」

などと、思ってはいけませんよ。

これは、大阪人が合理的な考えを持っているからであり、無駄なことはしないように常に考えがちだからです。ですから、使うべき所には、でーんと気前良くお金を使います。このへんが、大阪のディスプレイの派手さにも現われているのではないでしょうか。

ところで、外国には「もったいない」に該当する言葉がないそうですね
ということは、もったいないお化けも当然いないわけだ(当たり前だ)。


他に代表的なものは、「お上の言うことなんか知るかい」みたいな、考えではないでしょうか。

一般に、大阪人には反官性があるようです。それが如実に現われているのは駐車違反時の警官への言い訳、言いがかりではないでしょうか。この、駐車違反には、私も閉口しています。なんとか、全国ワースト1の汚名を返上したいものです。

1

兵庫県

44.0%

2

千葉県

44.5%

3

大阪府

47.6%

4

京都府

48.1%

5

奈良県

48.3%

JAFの調査による(1995)

 

 同じようなものを示すデータとして、シートベルトの着用率があります。
 1995年9月のデータでは、着用率 47.6% で全国ワースト3位です。 ちなみに、ワースト5は左の表のようになっています。

 ワースト5の内、4県が近畿…ぷぷぷ、笑うしか無いですね。
 あ、ちなみに、ベスト1は長崎県の 92.2%でした。えらい違いやな。

 

 こういった精神は、どうも幕末期に浮浪(維新)志士たちが、我がもの顔で徘徊していても、それを奉行所がとりおさえる力が無かったので、市民の信頼を失ったのではないかと思います。 で、新撰組ができたわけですが(と、燃えよ剣を読んで思った)。


さてさて、1996年はどうなったかと言いますと、

順位

ワースト

ベスト

1

徳島県

42.0%(51.0)

香川県

95.0%(81.4)

2

函館

42.2%(56.4)

山形県

92.8%(77.4)

3

京都府

50.0%(48.1)

大分県

90.7%(89.2)

4

和歌山県

51.1%(51.7)

長崎県

90.0%(92.2)

5

大阪府

54.4%(47.6)

岩手

89.0%(86.8)

JAFの調査による(1996)

 うーん。どうも、近畿圏の位置は不動のようですね。
 それでも、全体的に着用率は上がって来ていますね。
 しかし、隣同士の香川と徳島がワーストとベストの一位と言うのもなんだかなあ。
 (括弧内は前年のポイント)


 

で、1997年です。

順位

ワースト

ベスト

1

兵庫

58.7%(57.6)

香川

98.0%(96.0)

2

千葉

57.4%(58.8)

岐阜

96.8%(71.0)

3

山梨

56.6%(57.4)

鹿児島

92.0%(87.2)

4

和歌山

56.4%(51.1)

広島

88.7%(86.0)

5

京都

55.0%(50.9)

長崎

88.6%(90.0)

JAFの調査による(1997)

 相変わらず近畿圏は3県がワーストにランクインしております。でも、大阪が県内から落ちてしまいましたね。代わりに兵庫が返り咲きでワースト1位です。香川は98%。すごいですね。

 岐阜県は全国日本一キャンペーンを繰り広げた結果、ベスト2位となりました。やればできるモンです。




私的大阪学へ