衝撃のPC-98エミュレータ(5)
更新日:2001年2月7日

第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回

今回はポンジャン風ゲーム「野菜・果物がいっぱい:vegita98」を紹介します。
これもパソコン通信の全盛期にフリーソフトとして良く雑誌に掲載されました。
野菜と果物のカードを使用してポンジャンをするゲームです。
一世を風靡(?)した缶ジュースゲームの焼き直しという説も無いわけではありません。
NECのPC-9801用のDOSソフトであったためWindowsの到来とともに消えてしまいましたが今回もエミュレータで復活します。
今回もソフト掲載に関して、ソフトには全く手を加えていません。当時のままです。
(1993年の作品です。)
それではお楽しみ下さい。(今でも充分楽しめます。子供さんと一緒にどうぞ。)

前回も紹介させていただきましたが、ここではWindows上で動作するPC-98互換機エミュレータ「Anex86」上で当時のPC-9801用のDOSソフトを動かすというものです。詳しいことは書籍「Anex86オフィシャルガイドブック A.N. 監修 悠黒喧忠・室谷正徳 共著 (株)秀和システム」を参照お願いいたします。
vegita98:野菜・果物がいっぱい(ポンジャン風)
まずはゲーム中の画面を見て下さい。
(オープニング) (上がりの組み合わせ説明)
(登場カード紹介と先攻決め) (ゲーム中)
ゲームは同じ種類の野菜や果物を集めて早く上がるというルールです。
上がり方には5パターンあります。缶ジュースゲームと全く同じですね。
パターンによって倍率が変化します。カードにはそれぞれ点数がついています。
このカードの合計点が基礎点となります。
また季節によって種類ごとの倍率が変化するようにしています。
得点は基礎点と上がり方パターン、カードごとの倍率から算出します。
ゲームする時間帯によって、特別手当が付きます。
麻雀でいう「ポン」も出来ますので、お子さんにも簡単に楽しんでいただけると思います。
(上がったところ) (ハイスコア1位の登録)
(1ゲーム終了スコア遷移) (季節による倍率の変化)
このソフトもいろいろなカスタマイズが出来ます。
登場するカードは沢山の中から選択可能です。ゲームスタート時に設定された以外のカードをゲーム中に変更可能です。
一応お子さんの教育(?)も考えて野菜果物図鑑を備えています。
ゲームで選択可能な野菜や果物の簡単な説明を見ることが出来ます。
お子さんと一緒に、科目、原産地、英語表記を勉強して下さい。
(登場カードの変更) (野菜果物図鑑だあ)
これら以外にも楽しいアイテムを揃えていますので、まずはダウンロードしてお楽しみ下さい。
vegita98:野菜・果物がいっぱいのダウンロード
このソフトはNEC製PC-9801用のDOSソフトです。WindowsのDOSモードでは動作しません。Windows上で動作するPC-98互換機エミュレータ「Anex86」を用意するか、PC-9801そのものが必要です。ご注意下さい。
Vegita98のダウンロード(約57KB)
ダウンロードのファイルはLZHで圧縮されています。解凍ソフトで展開して下さい。
20個のファイルが生成されます。Anex86上ではディレクトリを切ってその中に格納して下さい。実行ファイルは vegita98.exe です。使用方法については vegita98.doc を読んで下さい。
では皆さんも懐かしいPC-98DOSの世界をお楽しみ下さい。
もし高得点を記録された方がおられましたら、キャプチャー画面をメールに添付して送って下さい。(あなたの成績が出た画面をPrtScキーでクリップボードにキャプチャーして、ペイントなどのグラフィックソフトで編集し圧縮して送ってね。)
さあ次はどのソフトを紹介しようかな?

「衝撃のPC-98エミュレータ」表紙へ戻る