衝撃のPC-98エミュレータ(3)
更新日:2001年1月9日

第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回

今回は当時一世を風靡した花札ゲーム「美麗花札遊戯:Super-koikoi98」を紹介します。
これもパソコン通信の全盛期にフリーソフトとして良く雑誌に掲載されました。
コンピュータを相手に花札の「こいこい」をするゲームです。
NECのPC-9801用のDOSソフトであったためWindowsの到来とともに消えてしまいましたが今回もエミュレータで復活します。
今回もソフト掲載に関して、ソフトには全く手を加えていません。当時のままです。
(1994年の作品です。)
それではお楽しみ下さい。(今でも充分楽しめます。)

前回も紹介させていただきましたが、ここではWindows上で動作するPC-98互換機エミュレータ「Anex86」上で当時のPC-9801用のDOSソフトを動かすというものです。詳しいことは書籍「Anex86オフィシャルガイドブック A.N. 監修 悠黒喧忠・室谷正徳 共著 (株)秀和システム」を参照お願いいたします。
Super-koikoi98:美麗花札遊戯
まずはゲーム中の画面を見て下さい。
(オープニング) (花札登場?)
(役の説明) (親決めてゲーム開始)
花札ゲーム「こいこい」をコンピュータ相手に行うものです。
極めて基本的なルールと思います。
コンピュータとの対戦を12回繰り返して1ゲームが終了します。
子供さんから昼休みがヒマなサラリーマン、自分の時間を楽しみたい大人の方まで、幅広い環境で、多くの方に楽しんで頂けると思います。
(ゲーム中) (コンピュータが上がったところ)
(こいこいする?しない?) (1ゲーム終了)
このソフトもいろんなカスタマイズが可能です。
その中のインフレバージョン設定モードを紹介します。
デフォルトでは役の種類は極めて普通のものしか入っていませんが、このモードで役を大幅に増やすことが出来ます。
正規じゃないと思われるかもしれませんが、楽しければ何でもあり、ということでご了解願います。またこのモードで「場」の種類を計算して得点を倍増する設定も可能です。
皆さんも色々試してみて下さい。
ゲームに影響が出るかは判りませんが、コンピュータの思考法を見ることも出来ます。
見て頂くとわかると思いますが、コンピュータはその日の気分で種類の思考法を選んで戦いをしてきます。(それがどーしたって?いやどうもしません。)
(インフレモードの設定) (コンピュータ思考法公開)
これら以外にも楽しいアイテムを揃えていますので、まずはダウンロードしてお楽しみ下さい。
Super-koikoi98:美麗花札遊戯のダウンロード
このソフトはNEC製PC-9801用のDOSソフトです。WindowsのDOSモードでは動作しません。Windows上で動作するPC-98互換機エミュレータ「Anex86」を用意するか、PC-9801そのものが必要です。ご注意下さい。
Super-koikoi98のダウンロード(約81KB)
ダウンロードのファイルはLZHで圧縮されています。解凍ソフトで展開して下さい。
33個のファイルが生成されます。Anex86上ではディレクトリを切ってその中に格納して下さい。実行ファイルは koikoi98.exe です。使用方法については koikoi98.doc を読んで下さい。
では皆さんも懐かしいPC-98DOSの世界をお楽しみ下さい。
もし高得点を記録された方がおられましたら、キャプチャー画面をメールに添付して送って下さい。(あなたの成績が出た画面をPrtScキーでクリップボードにキャプチャーして、ペイントなどのグラフィックソフトで編集し圧縮して送ってね。)
高得点(多分12勝0敗だと思う)を順次公開したいと考えます。
さあ次はどのソフトを紹介しようかな?

「衝撃のPC-98エミュレータ」表紙へ戻る