CPLDで遊ぼう!(6)
更新日:2003年12月6日

開発ツールをダウンロードする
「Desingn Wave magasine 2003年1月号」をもっていなくても開発ツールがWEB上からダウンロードできることがわかりましたので紹介させて頂きます。
それでは「MAX+PLUS II BASELINE」をダンロードする方法を説明します。
まずALTERA社のHPを訪れます。(http://www.altera.co.jp/
右上に「ダウンロード」のボタンがあるのでそれを押しましょう。
ダウンロードセンターのページになりますので「MAX+PLUS II BASELINE」をクリックしましょう。
「baseline10_2.exe」をクリックしてダウンロードの準備が始まります。
いきなりダウンロードが始まる訳ではありません。サインインする必要がありますので必要事項を記入して画面の指示に従って下さい。英語ですががんばって入力して下さい。
無事に記入できればダウンロードが可能になります。

ダウンロード後は「CPLDで遊ぼう!(3)」を参照して下さい。
ダウンロードケーブルの資料をダウンロードする
「Desingn Wave magasine 2003年1月号」にはダウンロードケーブルの回路図が記載されているのですがWEB上からでも資料はダウンロード出来ますので紹介します。
ホームの先頭ページから右上に「資料」のボタンがありますので押しましょう。
オンライン資料のページになりますので「開発キット/ケーブル」をクリックします。
「ByteBlasterMV・・・」をクリックすればpdfファイルをダウンロード出来ます。
資料は当然英語ですが、回路図は簡単に理解出来ます。
パラレルポートのドライバをインストールする
Windows XPでCPLDで回路データをダウンロードするためにはドライバをインストールする必要があります。これもWEB上に記載されていますので紹介します。
必ず「MAX+PLUS II BASELINE」をインストールしてから行って下さい。
ダウンロードセンターのページから左側にある「Driver Installation」をクリックします。
「ByteBlasterMV」の欄から「Install driver」をクリックすれば説明を見ることが出来ます。
英語なので簡単に説明します。
コントロールパネルの「ハードウェアの追加と削除」をクリックします。
ハードウェア追加ウィザードが始まります。「次へ」をクリックします。
「ハードウェアを接続していますか」の「はい」を選択して「次へ」をクリックします。
「新しいハードウェアデバイスの追加」を選択して「次へ」をクリック。
「一覧から選択したハードウェアをインストールする」を選択して「次へ」をクリック。
「サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラ」を選択して「次へ」をクリック。
ドライバの選択画面から「ディスク使用」をクリック。
「参照ボタン」から「C:\maxplus2\Drivers\win2000」を指定して「OK」をクリック。
「Altera ByteBlaster」を選択して「次へ」をクリック。
さらに「次へ」をクリックして、警告が出ますが「続行」をクリック。
「参照ボタン」から「C:\maxplus2\Drivers\win2000」を指定して「OK」をクリック。
「完了」をクリックしてコンピュータを再起動すれば完了です。
いかがでしたか雑誌を持っていなくてもツール一式はセットアップが出来ます。
その場合肝心のCPLDは通販などから入手して下さい。

今回はここまでとしましょう。楽しみはどんどん広がっていきますね。
「CPLDで遊ぼう!」はこれからどんどん楽しくなります。これからもよろしくお願いします。

「CPLDで遊ぼう!」表紙へ戻る