【トップページ】

 

靖國神社と殉職警察官の慰霊施設『彌生慰霊堂』

四宮正貴

 

 
靖國神社には、「心ならずも無念の思いで死んでいった怨靈」が祀られているのでは決してない

小泉純一郎前総理は、就任後第一回の靖国神社参拝直後に行われたマスコミのインタビューに答えて、「先の大戦で心ならずも命を失わなければならなかった方の犠牲」「祖國のために散っていった方々はさぞ無念だったと思う」などと述べ、祖國と國民のために命を捧げられた英靈を「被害者」扱いした。これでは靖國神社には「心ならずも無念の思いで死んでいった怨霊」が祀られていることになる。

 靖國神社には、戊辰戦争から大東亜戦争に至る戦いで、國のために命を捧げられた方々の御靈が祀られている。「先の大戦」で「命を失った」方々の御霊のみをお祀りしているのではない。また、大東亜戦争で戦死された方々も、法務死された方々も、決して「犠牲者」ではないし「心ならずも」「無念の思いで」死んでいかれたのではない。

 大東亜戦争で戦死された英靈は、「祖國の自存自衛」「東亜解放」のために命を捧げられたのだ。天皇の御為、國家國民のために自ら進んで命を捧げられたのである。繰り返し。言う靖國神社には、「心ならずも」「無念の思い」で死んでいった「被害者」の「怨靈」が祀られているのでは決してない。

 靖国の英靈は今日唯今も祖國日本を護り続けておられるのである。我々が靖國神社や各県の護國神社に参拝するのは、護國の英靈に対して慰靈と報恩感謝の誠を捧げるためである。小泉氏のこの発言は靖國の英靈冒涜するものである。
わが國の朝鮮・台湾統治は断じて「誤った國策」に基づくものではない

 さらに『総理談話』では、「この大戦で、日本は、わが國民を含め世界の多くの人々に対して、大きな惨禍をもたらした。とりわけ、アジア近隣諸國に対しては、過去の一時期、誤った國策に基づく植民地支配と侵略を行い、計り知れぬ惨害と苦痛を強いたのです。それはいまだに、この地の多くの人々の間に、癒しがたい傷痕となって残っています」などと述べ、「反日自虐史観」「東京裁判史観」に基づくわが国近代史を否定するが如き「見解」を表明した。この『談話』は、終戦五十年の『村山談話』を踏襲しただけではなく、表現は一層強まっている。「この地の多くの人々の間に、癒し難い傷痕となって残っています」という言葉は『村山談話』にはなかった。こうした見解は、平成七年の「村山総理談話」よりも悪質である。

 

わが國の朝鮮・台湾統治は断じて「誤った國策」に基づくものではない。

明治天皇の『韓国併合に付き下し給へる詔書』(明治四十三八月二十九日)、昭和天皇の『米国及び英国に対する宣戦の詔書』(昭和十六年十二月八日)を拝すれば、それは明らかである。

 「朝鮮併合」は当時の状況から、ロシアなどの西欧列強の侵略の危機に瀕していたわが國の独立を維持し、且つ朝鮮半島へのロシア・支那による侵略支配の野望を粉砕するための万止むを得ざる選択だったのである。國際法上からも非難されるべきものではなく、諸外國もこれを認めたものであって、断じて「誤った國策」などではないし、朝鮮の人々にに惨害と苦痛とのみを強いたものではない。むしろ朝鮮の社会資本の充実・近代化・文化の発展に貢献したのである。当時においては正しい国策だった。

 そうした歴史的事実には一切ふれず、ただ一方的にわが國のみが侵略國家であり他國に惨害と苦痛をもたらした國であるという誤れる歴史観を表明したのは、まさにわが國近代史を冒・し、先人たちの努力を蹂躙するものである。 

 アジア諸國で、総理靖國神社参拝に狂気の如く反対したのは反日を國家の安定を図る道具にしている韓國と支那共産政府のみだ。他のアジア各國は反対の声はあがっていない。むしろガンボジアのフン・セン首相は「当然の行為」と評価した。アジア各国とくにシンガポールで反日の動きをしているのはアジア各国を経済支配している華僑である。台湾でも反日運動をしているのは台湾人ではなくいわゆる外省人(戦後台湾に逃げて来た中国人)である。

 

「内外の人々がわだかまりなく追悼の誠を捧げる」ことのできる慰霊施設とは國内の反日勢力そして反日國家から気に入られる慰霊施設を建設するということ

 靖國神社以外に戦没者追悼のための無宗教國立慰靈施設を建設するという構想は、「政府与党による靖國神社の形骸化策謀・有名無実化策謀」と言い換えても間違いではない。

 「内外の人々がわだかまりなく追悼の誠を捧げる」ことのできる慰霊施設とは、要するに創価学会などの國内の反靖國神社勢力伝統破壊勢力そして共産支那や韓國などの反日國家からも気に入られる慰霊施設を建設するということだ。これのような売國的にして反民族的な慰霊施設の建設は絶対に許してはならない。

 公明党は、「無宗教の國立墓地などの検討に本格的に入らなければならない」と主張してゐる。

 「無宗教」とはいかなることをいうのか。霊とか神とか仏とかを認めないということであろう。しかし、日本武道館で営まれる政府主催の『全國戦没者追悼式』においても、「全國戦没者之霊」と書かれた柱が会場の中央に立てられる。亡くなった方の慰霊に無宗教などといういうことはあり得ないのである。そもそも亡くなった方々を慰霊するということは「霊の存在を信じる」という宗教的信念・信仰があるからことできることなのだ。

 

殉職警察官の慰霊施設『彌生慰霊堂』が、国家・国民のために命を捧げた人々に対する神社祭式での慰霊をやめて無宗教の慰霊にしてしまった先例

 国のために命を捧げた人々に対して、神社祭式での慰霊をやめて無宗教の慰霊施設となってしまった先例がある。それは、千代田区の北の丸公園にある皇宮警察・警視庁・東京消防庁などの殉職者慰霊施設・弥生慰霊堂である。

 この施設は、明治十八年に『彌生神社』として創建された。以来、毎年、神式による合祀・慰霊祭を行ってきた。終戦後、神道指令の影響で名称が『彌生廟』と改められ、奉賛會主催の慰霊祭という形に変化した。しかし戦前・戦後を通じて神道祭式には変化はなかった。昭和四十七年、連合赤軍の浅間山荘事件で殉職した警察官の合祀祭も神道祭式で行われた。

 ところが、昭和五十八年、神道祭式からいわゆる無宗教方式に変更された。この変更について警視庁は「法律を守る立場にある警察としては、政教問題が取りざたされているときでもあり、どこからも文句のでない無宗教方式へ変更した」と説明した。小生も何回か参拝しているが、本殿は神社形式の建物である。しかし鳥居などは取り外されている。

 東京都慰霊堂は、仏教施設であり、そこで行われる春秋の慰霊大法要には、都庁・都議會の幹部が公式に参列している。殉職警察官を神道祭式で慰霊しても何ら問題はない。殉職者への慰霊というきわめて重要な行事を、わが國伝統信仰たる神道祭式で行わないというのは、敬神崇祖というわが國の倫理精神の基本そして日本伝統信仰たる神道祭式を、警視庁が否定したということである。

 小生は何度か、警察庁長官及び警視総監に対し、殉職警察官慰霊施設は日本伝統信仰に基づく慰霊すなわち神道祭祀に戻すべきであると要望しているが、いまだに実現していない。殉職警察官慰霊施設の無宗教化が、最近の警察官の道義精神希薄化・不祥事続発の原因の一つがあると考える。「無宗教」とは霊魂の否定であり道義の否定である。

信教の自由が保障され政教分離が行われている国においても、国家的な追悼行事はその国の伝統的な宗教の祭式によって行われている

 民主主義國家・自由國家であることを高らかに宣言し、わが國に対して、政教分離を規定した現行憲法を國際法に違反してまで押しつけたアメリカも、今度のニューヨークにおける同時テロの犠牲者の追悼式を、ブッシュ大統領及び歴代大統領が参列して、堂々とワシントンのナショナル大聖堂というキリスト教会で行っている。この式典でブッシュ大統領は「我々は悲しみと敵に打ち勝つ固い決意で結束している。あらゆる手段を尽くしてこの悪を追及する」と戦勝を誓った。英国ではロンドンのセントポール寺院でエリザベス女王・ブレア首相参列のもとに追悼式典が行われ、ドイツではデュッセルドルフのヨハニス教会で中央追悼ミサが行われた。このように信教の自由が保障され政教分離が行われている自由民主国家といわれる国においても、国家的な追悼行事はその国の伝統的な宗教の祭式によって行われているのだ。

 また、アメリカでは、大統領就任式もキリスト教の牧師・神父の祈・が行われ。大統領は聖書に手を置いて宣誓を行っている。つまりキリスト教は、アメリカの事実上の國教なのである。しかし、アメリカにおいてキリスト教以外の宗教が弾圧され、信教の自由が侵されるということはない。

 「政教分離」とは一神教國家における特定の教団宗教と政治権力の結合による信教の自由の侵害を防ぐための<原則>であって、「國家及び自治体」と「宗教」とを全く無関係にするという<原則>ではない。

 さらにいえば、わが國は建國以来天皇を中心とする祭祀國家であり信仰共同体である。共同体としての日本國家と神社神道の本来一体なのである。そしてそれは決して教団宗教を圧迫し否定することにならないことは、わが國の宗教史を見れは明々白々である。

 國家民族のために一身を捧げた護國の英霊を、わが國伝統祭式によって靖國神社に公的にお祭りし慰霊し顕彰し感謝の誠を捧げることが、「政教分離」の原則に違反するなどという批判は全く誤りである。靖國神社國家奉護が実現しない限りわが國の戦後は終わらないし、わが國は真の独立國家とはいえない。

 

【トップページ】