ClearメソッドとClearContentsメソッドの相違は? (VBAヘルプの使い方)
Question 65.4 Previous Next
クリアの作業を行うとき、「数値と式のクリア」を選択したところ、コードが Selection.ClearContents となりました。
VBAのヘルプを見たところ、Clearメソッドの項目はあるのに CleaContents の項目は見あたりませんでした。
Clear と ClearContents はどう違うのでしょうか?
マクロで
Selection.Clear と記録されるには、どんな操作をすればよいでしょうか?
Answer   Copyright (C) 2004.1.29 永井善王
クリア関係のご質問、内容は3点ですね。

1. Selection.Clearを自動記録する方法
クリアしたいセル範囲を選択してから、[編集]メニュー-[クリア]-[すべて]とクリックすれば記録されます。
拙著 「Excel VBAマクロ組み方講座」 をお持ちの方は、P.234の操作方法 3. 「…すべてのセルを選択してクリアする」を参考にしてください。

2. ClearContents のヘルプを表示する方法(Windows版Excelの場合)
VBEコード画面から表示する方法が手軽ですから、お勧めします。
右図のように、調べたい用語にカーソルを合わせてクリックしてから、[F1]キーを押します。

すると、左図のようにヘルプが表示されるはずです。 拙著(同上)をお持ちの方は、P.442「コード画面からヘルプを使う」もご参照ください。

3. Clearメソッドと ClearContentsメソッドの相違
ここでは Rangeオブジェクト(セル範囲)に指定した場合の相違をまとめておきます。
・ Clearメソッド・・・ 選択されたセル範囲の内容をすべてクリアする
・ ClearContentsメソッド ・・ 選択されたセル範囲の数式と文字を削除する
くわしいことは、それぞれのヘルプをご参照ください。

 

Excel VBA Macro