自動再計算機能をオフにしないでレスポンスを高める方法はないか?

Question 62.1 Previous Next
自営で建築積算を行っています。
積算計算書ファイルをエクセルで作成しましたが、計算式が多くなるにつれ、なにか入力(文字や数値)する度に再計算をエクセルが自動的に行ってファイルのレスポンスが悪くなります。

自動再計算をオフにしないで、エクセルの再計算イベントを制御する方法はないのでしょうか。 (レスポンスがあがれば他の方法でもいいのですが) 今のマクロは Calculation と EnableEvents で制御していますが、他のコマンドがあれば併せて御回答頂けたら幸いです。
ps.
仕事場ではWinXP:エクセル2002、自宅でMac os X:エクセルX を使用していますが、XPで作成したマクロはmacで動かないんですね。特にプログレスバーが動かないのが大変ショックです。
Answer   Copyright (C) 2002.8.22 永井善王
レスポンスが悪化してお悩みのようで、裏ワザのようなものをお探しですね。
オプションダイアログ悪化の原因が自動再計算であるのに、その機能は止めたくないと、矛盾するようなご希望で。
あいにく私は、お力になれませんが、もし、よろしければ、Excel VBA Board に掲載してみましょうか。 多くの回答者の方々から、お知恵を借りることができるかもしれません。
ご返事ください、手配しますから。
Macintosh版と Windows版について
動くものと動かないものがあります。
バージョンアップにより追加された機能が旧バージョンで使用できないことは、当然であり理解できます。 Macintosh版と Windows版の間には、OSの違いによりどうにもならないもの等があるのに、上位バージョンと誤解されやすいネーミングがされてきました。
そのため、Excel v.X(バージョンテン)は Excel 2002と同等または上位バージョンと思いがちですが、そうではありません。 従来のネーミング Excel 97→98→2000→2001→2002(XP) からすると無理もありませんが、2003としないで v.Xとしたことを評価してあげましょう。

プログレスバーコントロールは Windows版ではExcel 2000から提供されていますが、Macintosh版では v.Xでさえ、利用できません。このような事例は拙著「 Excel VBA マクロ組み方講座 」の中で、いくつか取り上げていますので参考にしてください。
よって、Macintoshが混在する環境では代替手段を採ることになりますが、このHPでは「
Search 」ページで「進行」と入力して検索してみてください。また、同「 ExcelVBAマクロ500連発 」に 6例、掲載されていますので、必要でしたら参考にしてください。

 

Excel VBA Macro