Sample Macro  コントロール・エディットボックス Previous Next

2-1-1) エディットボックスでDBシートへ直接入力 (95文法) このページのトップへ もくじへ 使用可能なExcelのバージョン
'=================================================================================
Sub エディットボックスでDBシートへ直接入力する()
    Sheets("DB").Select                       '住所録データベース用のシート
    Do
      下 = Range("A1").End(xlDown).Row        'セルA1の列の下端検出
      DialogSheets(1).Show                    '入力用ダイアログ(エディットボックス)表示
      Range(Cells(下 + 1, 1), Cells(下 + 1, 1)) = DialogSheets(1).EditBoxes(1).Text
                                              '氏名をA列のセルへ
      Range(Cells(下 + 1, 2), Cells(下 + 1, 2)) = DialogSheets(1).EditBoxes(2).Text
                                              '郵便番号をB列のセルへ
      Range(Cells(下 + 1, 3), Cells(下 + 1, 3)) = DialogSheets(1).EditBoxes(3).Text
                                              '住所をC列のセルへ
    Loop
End Sub
'---------------------------------------------------------------------------------
Sub エディットボックス_終了_click()
    Sheets("DB").Select
    End
End Sub
'=================================================================================
<コメント>
※1 このエディットボックスは、Excel95のダイアログシートに作成しています。
   Excel97以上でも実行することは可能です。

【エディットボックス】                   【DBシート】
エディットボックス    DBシート 

サンプルマクロ 「エディットボックス」をダウンロード すれば実際に動かしながら見れます。



2-1-1) 別シート経由でDBシートへ (95文法) このページのトップへ もくじへ 使用可能なExcelのバージョン
'=================================================================================
Sub エディットボックスで入力シートへ入力してからDBシートへ追加する()
    Sheets("DB").Select                         '住所録データベース用のシート
  Do
    Application.ScreenUpdating = False          '画面を更新しない
    Sheets("入力").Select                       'エディットボックス入力値の格納シート
        DialogSheets(1).Show                    '入力用ダイアログ(エディットボックス)表示
        Range("A2") = DialogSheets(1).EditBoxes(1).Text '氏名をA2セルへ
        Range("B2") = DialogSheets(1).EditBoxes(2).Text '郵便番号をB2セルへ
        Range("C2") = DialogSheets(1).EditBoxes(3).Text '住所をC2セルへ

    Sheets("DB").Select
        下 = Range("A1").End(xlDown).Row        'セルA1の列の下端検出
    Sheets("入力").Select
        Range("A2:C2").Copy                     '氏名~住所をコピー
    Sheets("DB").Select
    Application.ScreenUpdating = True           '画面を更新する
        Range(Cells(下 + 1, 1), Cells(下 + 1, 1)).PasteSpecial Paste:=xlValues
                                                '値を貼り付け
  Loop
End Sub
'---------------------------------------------------------------------------------
Sub エディットボックス_終了_click()
    Sheets("DB").Select
    End
End Sub
'=================================================================================
<コメント>
※1 【エディットボックス】と【DBシート】は、2-1)と同じ
※2 このエディットボックスは、Excel95のダイアログシートに作成しています。
   Excel97以上でも実行することは可能です。

【入力シート】
入力シート

サンプルマクロ 「エディットボックス」をダウンロード すれば実際に動かしながら見れます。

Excel VBA Macro