067525
++ きゃんでぃ亭日記 ++

きゃんでぃ亭の日記です
ウチらのメンバーが本能と煩悩のオモムクままに、つれづれとアレな日常風景を書き込みます‥‥‥

2021年2月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28      



月の日記を
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
* 2021年2月4日(木) 花粉症です

花粉症です
昨日の夜にぶわっときたわ。
とうとう花粉が来たねえ。
とりあえず、薬を飲み始めました。

こんな時、コロナ対策で換気を……とか言ってる人ですが、例のKの現実世界の職場の隣のおっさんですが、
今日は、風が強くて、さすがに閉口しているみたいで、風が吹き込むのを最小限に抑えつつ外気を入れられないかとしばらく窓の開け方を工夫していたみたいだけど、とうとう最後にはあきらめて窓を閉じてました。
やったー!!
毎日強風だと良いのに。

そういえば、週末に、「魔王です。女勇者の母親と再婚したので、女勇者が義理の娘になりました。」と「董白伝」を読んでました。
「魔王です。」は、コミックスから読み始めて商業本の原作3巻。
娘のアンジェリカのアホさと、あと、なんといってもレイティアさんが良いわ。
元妻のササヤさんも良いけどね。

あと、「董白伝」。
Kは別に三国志マニアではない(弟の人に「普通読み出したら止まらないはずの吉川英治の「三国志」を読み始めて1巻で投げ出せた人はアニキしか知らない」とお褒めの言葉をいただいています。てへっ)のですが、当然、董白とか知らず、読み始めてWikiで見た程度です。
が、だから客観的に読めると思うのですが、文章力もあり、話のテンポもよく、読ませてくれて、面白い。
話の展開が畳み掛けるようだからなのだと思いますが、1冊読んでラノベ数冊分をイッキ読みしたような読み応えがあります。
チートがない、圧倒的逆境下での生き残りというのは、ホント、読んでて手に汗握る。
あとは、なんだ、TSモノとか、おねロリモノとか、幼女モノとか、そういう属性が押し込まれて、萌えるわ〜。
逆に、三国志マニアはくだらなくて読めないというのもあるかもしれませんが、Kはハマりました。

記入者 [E-Mail] [URL]
2021年2月4日(木) No.2215

Page/ [1]
No. PASS
No. USER PASS
PASS


**HOME**
[Admin] [TOP]
shiromuku(cu3)DIARY version 1.70